「成長はここまで」景気後退のシグナル点滅! 下振れ材料多く、アベノミクス「最後の一手」?

「成長はここまで」景気後退のシグナル点滅! 下振れ材料多く、アベノミクス「最後の一手」?
3年ぶり、26兆円もの経済対策はアベノミクスの「最後の一手」なのか!?(写真は、安倍晋三首相)

とうとうアベノミクスの「神通力」がしぼみ、景気後退の足音が大きくなってきたようだ。

内閣府が2019年12月9日に発表した7~9月期の国内総生産(GDP)の2次速報は、物価の影響を除いた実質ベースで前期(4~6月期)比0.4%増、年率換算で1.8%増だった。1次速報の年率0.2%増から、大きく上方修正した。

プラス成長は4四半期連続だが、消費税率が引き上げられた10月1日以降の10~12月期のGDPは大幅な反動減が懸念されている。個人消費などが振るわず、「成長はここまで」との見方が支配的。今後は東京五輪・パラリンピックの開催に伴う需要増を期待する向きがないわけではないが、個人消費の動向や世界経済の減速などの懸念材料も多く、不透明感はますます強まりそうだ。

景況感悪化データが次々と

2019年7~9月のGDPの伸びは、企業の設備投資が大きく上方修正(1次速報、11月14日公表0.9%増→1.8%増)されたのが原因。住宅投資は1.4%増→1.6%増、個人消費は0.4%増→0.5%増、公共投資は0.8%増→0.9%増だった。設備投資を除けば、国内需要の修正は小幅な上昇だった。一方、海外需要では輸出がマイナス0.7%→マイナス0.6%とさえない。米中貿易摩擦の影響が色濃い。

懸念されるのは、消費増税の反動だ。増税前の駆け込み需要では、企業向けは軽減税率やキャッシュレスに対応したレジの導入などにとどまり、個人消費も限定的だった。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アベノミクス + 金融緩和」のおすすめ記事

「アベノミクス + 金融緩和」のおすすめ記事をもっと見る

「アベノミクス + GDP」のおすすめ記事

「アベノミクス + GDP」のおすすめ記事をもっと見る

「アベノミクス + 消費税」のおすすめ記事

「アベノミクス + 消費税」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日の経済記事

キーワード一覧

  1. アベノミクス GDP
  2. アベノミクス 消費税
  3. アベノミクス 賃金

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。