消費税減税も効果薄? 老舗百貨店が大量閉店、雇用維持を求め「マネキン」が座り込み(神木桃子)

消費税減税も効果薄? 老舗百貨店が大量閉店、雇用維持を求め「マネキン」が座り込み(神木桃子)

ドイツでは2020年7月1日から、日本の消費税にあたる付加価値税の税率引き下げが始まっています。標準税率は19%から16%へ、食料品などに適用される軽減税率は7%から5%へ、12月末までの限定的な引き下げとなります。

開始直後は、

「ドラッグストアで買いだめする」
「せっかくだから家具を買う」

という話を聞く一方、

「数パーセントの違いではあまり変わらない」

といった声も聞こえてきました。

わたし自身は、これを機にと買ったのは子供用のベッドくらいですが、ふだんの買い物でも「減税だから......」という心理は少なからず働いています。景気回復の大きな一手になるのではと考えていたのですが、現状ではそうでもないようです。

消費税減税が物価上昇を抑制?

ドイツ連邦統計局(Destatis)が8月13日に発表した7月の消費者物価指数は、前年同月比で0.1%のマイナス。また、前月の6月と比べても0.5%のマイナス。統計局は、物価の動向は多くの要因に依存しているとしつつも、付加価値税の減税によって抑制されていると指摘しています。

ドイツ連邦財務省の試算では、今回の付加価値税の減税措置で196億ユーロ(約2兆3520億円/1ユーロ120円換算)の税収減になるとされています。これは2019年の付加価値税による税収のおよそ8%に相当します。金額で見るとインパクトがあるだけに、消費者物価がマイナスを示したことは意外な結果でした。


当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

「消費税」に関する記事

「消費税」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「消費税」の記事

次に読みたい「消費税」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月27日の経済記事

キーワード一覧

  1. 消費税 経過措置
  2. 消費税 軽減税率

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。