「クロネコヤマトの宅急便」が生まれたのは逆転の発想だった

「クロネコヤマトの宅急便」が生まれたのは逆転の発想だった
拡大する(全2枚)

新型コロナウイルスの襲来で明けた2020年。その暮れに向かって感染者数が再び増え、不安が募る。2021年はなんとかコロナ退散を実現し、いい年になりますように――。そう願っている人は多いはずだ。

本書「人生! 逆転図鑑 山あり谷ありの32人に学ぶ成功の法則」は、社会の激変に翻弄され、時には荒波に飲み込まれながらも逆転を果たし、成功をつかんだ、内外の立志伝中の人物32人の物語集。

「取り上げた人物たちの逆転人生を通じて、困難に立ち向かうヒントにしてほしい」

と、コロナ禍の緩衝に役立てばと送り出された。新年に向けた決意の参考になる一冊。年末年始休暇の読書に格好といえる。

「人生! 逆転図鑑 山あり谷ありの32人に学ぶ成功の法則」(早見俊著)秀和システム
「逆転」を5つの型に分類

32人が果たした「逆転」劇を、本書では5つの型に分類。「執念爆発型」、「才気煥発型」、「困難逆転型」、「強メンタル型」、「大器晩成型」で、それぞれ6~7人を取り上げている。

東急の創業者、五島慶太氏(執念爆発型)やヤマト運輸の2代目社長で「クロネコヤマトの宅急便」の生みの親である小倉昌男氏(才気煥発型)、シンガポールの初代首相で経済的繁栄を実現したリー・クアンユー氏(困難逆転型)、ウォルト・ディズニー・カンパニーの創業者、ウォルト・ディズニー氏(強メンタル型)、それにマクドナルドの創業者、レイ・クロック氏やケンタッキー・フライドチキンの創業者、カーネル・サンダース氏(いずれも大器晩成型)などの名前が並ぶ。


この記事の画像

「「クロネコヤマトの宅急便」が生まれたのは逆転の発想だった」の画像1 「「クロネコヤマトの宅急便」が生まれたのは逆転の発想だった」の画像2
編集部おすすめ
J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク