若者の貯蓄額がコロナ禍前よりアップ! 収入減で......

若者の貯蓄額がコロナ禍前よりアップ! 収入減で......
拡大する(全1枚)
副業が正業になった?

新型コロナウイルスの感染拡大で、若者の人生設計や消費態度に変化が起きている。SMBCコンシューマーファイナンスが、20代の男女1000人を対象に行ったアンケート調査の結果によると、コロナ禍以前と比べて貯蓄額が増加しているという。

コロナ禍がもたらした雇用や収入に対する不安が、貯蓄や結婚への意識に影響しているとみられる。

コロナ禍で副業機会も減る

調査によると、収入・支出や生活時間についてコロナ禍前との変化を聞いた(有効回答者数=633人)ところ、「収入」が「減った」は29.5%で「増えた」(17.3%)を上回った。「家事時間」はコロナ禍前との比較で37.9%が「増えたと答え、減った(6.1%)を上回り、「家族と過ごす時間」では、コロナ禍前より「増えた」(41.6%)が減った(10.0%)を大きく上回った。

「感染予防のため、仕事後は寄り道をせずに真っ直ぐ帰宅するようになったという人が増えた」とみている。

また、パート・アルバイトを除いた回答者(517人)に、副業しているか聞いたところ、「している」は30.6%、「していない」 は69.4%。前回調査(2019年12月)では「している」のが43.1%で、今回は12.5ポイントと大幅下落。SMBCコンシューマーファイナンスでは、「コロナ禍で副業を行う機会を失ったり、控えたりしたという人が非常に多いようだ」とみている。

貯蓄状況の変化をみると、調査時点で「どのくらいの貯蓄があるか」聞いたところ「50万円以下」が40.8%で最多。2番目に多かったのは「0円」で18.2%だった。「50万円超~100万円以下」が14.1%、「100万円超~200万円以下」は10.2%で、SMBCコンシューマーファイナンスによると平均は72 万円。前回調査の53万円から、19万円増えた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク