新型コロナウイルスが収束しても、新しいウイルスが出現する!【新型コロナウイルスを知る一冊】

新型コロナウイルスが収束しても、新しいウイルスが出現する!【新型コロナウイルスを知る一冊】
拡大する(全2枚)

新型コロナウイルスの感染拡大が進むなか、国内の新規感染者は連日2万人を超え、軽症者や一部の中等症の人は、入院できず、自宅療養を余儀なくされている。止まないコロナ禍にあって、あらためて新型コロナウイルスがもたらした影響や対策について、関連本とともに考えてみたい。

人類は1980年の天然痘の根絶や、それに続くポリオ、麻疹(はしか)などの根絶計画によって感染症を抑え込んだと楽観していたが、1981年にエイズが出現。さらにエボラ出血熱、SARS(重症急性呼吸器症候群)、新型コロナウイルスなど、最近になって新しく出現(エマージング)または再出現(リエマージング)した感染症が相次いで現れ、対応を迫られている。

本書「ウイルスの世紀」は、こうした感染症を引き起こす「エマージングウイルス」と人類の物語である。

「ウイルスの世紀」(山内一也著)みすず書房
3度エマージングウイルスが出現したコロナウイルス

著者の山内一也さんは、国立予防衛生研究所(現国立感染症研究所)室長、東京大学医科学研究所教授などを経て、東京大学名誉教授。専門はウイルス学。「ウイルスと人間」「ウイルスの意味論」などの著書がある。

本書はさまざまなエマージングウイルスの事例を紹介した後、新型コロナウイルスについて検討するという構成になっている。

1967年、西ドイツのマールブルクとフランクフルトのウイルス研究所職員らがミドリザルから致死的出血熱に感染したマールブルク病のほか、ノネズミと共存しているウイルスが原因のラッサ熱(1969年、西アフリカ)、エボラ出血熱(1976年)、ウエストナイル熱(1999年)などの感染症について経緯を詳しく紹介している。


この記事の画像

「新型コロナウイルスが収束しても、新しいウイルスが出現する!【新型コロナウイルスを知る一冊】」の画像1 「新型コロナウイルスが収束しても、新しいウイルスが出現する!【新型コロナウイルスを知る一冊】」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク