文系は金融、理系は「ジョブ型雇用」導入企業が人気...では、男女別の1・2位企業は? 就職注目企業ランキングの顔ぶれ一覧
拡大する(全1枚)

ウクライナ情勢の悪化に加え、オミクロン株がリバウンド傾向を見せ始め、経済情勢に不安定要素はあるが、2023年卒大学生たちの就職活動は佳境を迎えている。

就活生はいったいどんな企業の、どこに注目しているだろうか。就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークが全国13万6000人の学生ユーザーを調査した「就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【男女文理編】」を、2022年3月30日に発表した。

男子7万9000人、女子5万7000人、文系8万2000人、理系4万7000人、それぞれの大学生が選んだベスト20位の企業から見えてくるものは――。

男子1位はNTTデータ、女子1位はアクセンチュア

「OpenWork」は、主に社会人の会員ユーザーが自分の勤務している企業や官庁などのクチコミ情報を投稿するサイトだ。入社10年以内の社会人のほか、クチコミを通じて生々しい企業の就職情報を得ようとする学生ユーザーも多く登録している。

今回の調査は、すでに登録している2023年卒業予定の学生ユーザー約13万6000人が、特にどの企業に注目して口コミ情報を調べたか、検索件数を元に調査した。「検索件数が多い企業ほど注目度が高い」と評価したわけだ。

まず「男子女子別」(図表1参照)では、男子学生の1位はNTTグループの一員で、情報サービスとしては日本大手のNTTデータ。2位に外資系コンサルト会社のアクセンチュア、3位に電気機器大手の日立製作所が入った。