円安は進むが「日本人は自信を取り戻すべき」...ストラテジストがこう語る理由
拡大する(全1枚)

日本企業の稼ぐ力は過去最高に高まっているとして、株価の上昇を予測しているのが、本書「日経平均は4万円になる!」(宝島社新書)である。著名ストラテジストが挙げる本格復活の理由を読むと、元気が出てくる。

「日経平均は4万円になる!」(武者陵司著)宝島社新書

著者の武者陵司さんは、大和総研アメリカ・チーフアナリスト、ドイツ証券副会長兼チーフ・インベストメント・アドバイザーを経て独立。現在、株式会社武者リサーチ代表。ビジネス誌の経済予測記事などに、しばしば登場する著名ストラテジストだ。著書に「アフターコロナ V字回復する世界経済」などがある。

12年間で4.37倍になった日本株

円安が進み、日本経済への悲観論ばかりが語られる中、本書の楽観論は注目すべきだろう。その論拠を読むうちに、日本株への期待が高まってくる。

冒頭、武者さんは「今こそ日本人は自信を取り戻すべき」とゲキを飛ばしている。冷静に過去を振り返ると、日本の最悪期はずいぶんと昔のことだったというのだ。

日経平均がバブル崩壊後につけた最安値は2009年3月10日の7054円であるのに対し、直近の高値は2021年9月14日の3万795円で、この12年間で日本株は4.37倍(年率13.1%増)になった。米国株を除けば、このパフォーマンスは世界で優等の部類に入る。

「株式資本主義」が進化し、時価総額が将来の投資方針を決めるようになった。日本の株式市場における時価総額トップ20社の変遷(2000~2021年)を表で示している。