おいしさ感じる言葉「シズルワード」 「鮮度のよい」「新鮮な」食材への関心高まる

おいしさ感じる言葉「シズルワード」 「鮮度のよい」「新鮮な」食材への関心高まる
分野別のランキング(1~10位)

調査会社ビー・エム・エフティー(BMFT、本社・東京)は、おいしさを感じる言葉を「シズルワード」と名付け、2003年から毎年調査を行っている。

2019年5月に行われた調査の結果の一部が6月5日、発表された。

「味覚系」「食感系」「情報系」の3分野で調査

2019年は15~69歳の男女1800人から回答を得た。

「シズルワード」は、味覚や嗅覚でおいしさを感じる「味覚系」、触覚でおいしさを感じる「食感系」、知識や情報でおいしさを感じる「情報系」の3分野がある。2019年は味覚系101語、食感系124語、情報系126語の計351語が調査された。リリースでは、各分野の「おいしさを感じるワード」(複数回答可)ランキングが発表された。

分野別のトップ3は、味覚系が「うま味のある」(46.8%)、「ダシの効いた」(44.7%)、「コクのある」(42.2%)。食感系が「ジューシー」(47.2%)、「もちもち」(46.4%)、「もっちり」(45.7%)。情報系が「鮮度のよい」(45.8%)、「新鮮な」(42.7%)、「揚げたて」(42.4%)。食感系はオノマトペ(擬音語、擬態語)が大半を占めた。

2016年から2019年までの3分野合わせてのランキング(1~15位)では、ランクインしているワードに大きな変化はないが、その順位は変動し続けている。

2020年以降に順位を上げそうなワード予想

J-CASTトレンドの取材に答えたBMFT代表取締役・大橋正房さんは、2003年ごろに「食生活の変化」を予想するためにどんな言葉に「おいしさ」を感じるか調査を行っていた。すると、世代によっておいしさを感じる言葉が異なること、特に若い世代に「もちもち」「サクサク」といったオノマトペが使われはじめていることがわかった。若者の言葉がこれから広まっていくのではないかと考え、結果の変化を追いかけるために年1度の「定点観測」を開始した。

大橋さんに2019年の結果の特徴を聞くと、「鮮度のよい」「新鮮な」などの食材自体に関連するワードが順位を上げ、「揚げたて」「焼きたて」の料理に関するワードを追い抜いたことから、料理から食材に関心が移っている可能性を指摘した。また、「うま味のある」「ダシの効いた」は2年連続で順位を落としていたものの、2019年に大きく盛り返したことから、来年以降は「さっぱり」などのワードが順位を上げてくるのではないかと予想した。<J-CASTトレンド>

あわせて読みたい

J-CASTトレンドの記事をもっと見る 2019年6月10日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。