人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか

人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか

中学校や高校などの「生徒手帳」に記載されているほか、学校ごとに細かく制約が定められている校則。髪型や服装だけでなく、携帯電話や化粧品の持ち物規制、恋愛禁止やSNSの使い方など、中でも「本当に必要なのか」と合理性が疑わしい〝ブラック校則〟について、見直す動きが始まっています。

岐阜県の公立高校や、東京都世田谷区の区立中学校では「時代の要請や社会常識の変化に伴い適用が想定されない校則」を、見直しの主な対象として、来年度から廃止するということです。

頭髪の色を強要する校則に対抗する学生の姿を描いた青春映画「ブラック校則」(佐藤勝利、高橋海人主演、菅原伸太郎監督)も公開され、SNS上でも「こんな意味不明の校則があった」と、再び話題になっています。

卒業して数年が経過しても、負の歴史として記憶に残る、不可解なブラック校則。その必要性の合理的な説明がつかないまま、繰り返し、問題提起されてきたにも関わらず、廃止に至ることが難しかったのはなぜでしょう。法律家の立場から見た学校ルールづくりについて、河野晃弁護士に聞きました。

パーマ、丸刈りなどこれまでの判例は学生にとって厳しい内容も。文科省に6万筆以上の署名を提出するなど子どもの権利を守るプロジェクトが発足

Q:今回、岐阜県の教育委員会が調査したところ、9割以上の高校で、旅行・外泊の許可や、自由な政治活動の制限のほか、下着の色の指定などが不適切と指摘されました。どのような点が問題なのでしょうか?
--------
最近話題になったように、生まれつきの髪色について、証明書の提出を求められる、黒く染めるよう強制されるなども問題ですが、特に下着の色の指定などは、全く意味があるとは思えません。


あわせて読みたい

ジジコの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。