「私事ですがパパになりました。ありがとうございます」

こう語ったのは三浦祐太朗(37)。

3月23日にパーソナリティを務めるラジオ番組『キラスタ』(FM NACK5)で、妻で声優牧野由依(36)との間に、第1子となる女の子が誕生したことを報告したのだ。

娘の名前はすでに決まっているというが「気になってると思うけど、言わんぞ」と冗談まじりに語っていた。

番組終了後、本誌記者が声をかけると、コロナ禍で出産には立ち会えなかったことを明かしてくれた祐太朗。両親の三浦友和(70)&百恵さん(63)と初孫の対面について話を聞くとーー。

「実はまだ会ってないです。電話では報告しましたが、喜んでいました」

そう笑顔で答えると、祐太朗は妻子の待つ自宅へと帰っていった。

結婚から41年で初めて女の子を迎えた三浦家。百恵さんにとって“悲願”だったという。百恵さんの義姉・篠塚ひろ子さんは、本誌にこう語っている。

《私も百ちゃんも娘は欲しかったんです。私に『お義姉さん、私たちに娘がいたら絶対ベタベタでしたよ』と笑いながら言ってましたよ。百ちゃんはよく『息子が結婚すれば、いつかは孫を連れてきてくれますから』と希望を持っていますよ》(’20年2月4日号)

百恵さんが女の子を待ち望んだ背景には長年の願いがあるようだ。

「百恵さんは17歳で実父と縁を切り、母親と妹の3人で支え合いながら生きてきました。過去にもキルト教室の発表会で『若草物語』の4姉妹をイメージした作品を出展するなど、身内の女性同士の絆に特別な思いがあるといいます。

それだけに初孫が女の子だったことをわが娘のように喜んでいるそうです」(三浦家の知人)

祐太朗は前出のラジオ番組で娘の将来について「娘が興味あるものにいってほしい」と語っていたが……。

「祐太朗さんだけでなく、牧野さんも声優として歌手活動をしています。今も百恵さんの曲をカバーして歌い継ぎ、三浦家の精神も大切にする祐太朗さんだけに、将来的には娘さんが音楽の道に進むことを期待する思いもあるのではないでしょうか」(前出・知人)

百恵さんも初孫の歌手デビューを全力で応援するだろうと、三浦家の知人はいう。

「百恵さんは祐太朗さんや三浦貴大さん(36)が芸能界入りを決めたときも反対することなく、2人を見守り続けてきましたし、お孫さんが歌手になる選択をしても尊重することでしょう。

そして、百恵さんが培った歌手としての心得を教えるということもあるかもしれませんね」

百恵さんのDNAを受け継ぐ初孫が歌手として“再降臨”する日は果たして――。