11月11日、来年3月に終了することが発表された朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)。17年続いた長寿番組の歴史に幕を下ろすことになった。

11日の放送で、番組開始時から司会を務めてきた加藤浩次(53)は感謝を伝えた上で、「(放送終了まで)あと5カ月。俺、何言うかわかんねぇよ。“あいつ、スッキリしてやめやがったよ”って」と笑いをまぜつつコメント。

報道では加藤の去就や後続番組の行方が注目されているが、『スッキリ』の関係者から聞こえてくるのはこんな声だ。

「それよりも気になるのは、“阿部さん”の今後です」

“阿部さん”とは、「事件です」のフレーズでおなじみの阿部祐二リポーター(64)のこと。この関係者が続ける。

「阿部さんといえば、『スッキリ』はもちろん、2001年まで続いた『ルックルックこんにちは』と30年近くに渡ってさまざまな事件現場をリポートしてきた“日テレワイドショーの顔”です。

ですが、後続番組の噂はまったく漏れてきておらず、現時点ではニュースを扱う情報番組である保証すらないんです。もし後続がワイドショー形式でなくなれば、阿部さんが“リポーター業引退”を余儀なくされる可能性もあるのです」

リポーター以外にも恐妻家キャラやミス・ユニバース出身のタレントで娘の阿部桃子パパとして、バラエティー番組にも出演。仕事に困ることはなさそうだが……。

「昨年12月に『スッキリ』スタッフが大量異動しましたが、その中には阿部さんが信頼していたスタッフもいました。またどこの職場でもそうですが阿部さんが大ベテランゆえに、遠慮してしまう若手ディレクターもおり、新番組の新陳代謝という意味で去就が話題になっているのです」(前出・『スッキリ』関係者)

そこで、いつもは取材する側の阿部リポーターを電話で“直撃”するとーー。

ーー『スッキリ』が終了しますが、後続のことは聞いている?

「まだ何も決まってないみたいですよ」

ーー長年、日テレワイドショーの顔として活躍されてきましたよね。

「『ルックルック~』からですから、28年になりますね」

ーー後続がワイドショーでなければ、リポーター業引退の可能性もあるという話も出ているみたいですが。

「(笑いながら)そんな話あるんですか。でも、まだね。そんなつもりはないですね」

ーー若手スタッフが気を遣うという声もあります。

「この仕事ってやればやるほど思うんだけど、長年やっていないとできないんです。

ポッとやってできるものじゃないからね。もちろん僕が決めることじゃないから、視聴者の方に聞いてもらってください(笑)」

ーーでは、リポーター引退はない?

「要求がある限りね。応援してくれる人も多いんで」

ーー日テレのリポーターとして骨を埋めたい?

「そりゃそうですよ。自信がある? 自分では今が最高値だと思ってますから。今が、やっとね。28年でやっとですよ。

そういう仕事ですから」

キッパリと、引退を否定した阿部リポーター。まだまだ、あの「事件です」が聞けそうだ。