林家木久扇×林家きく姫 師弟で語る“男社会”ならではの苦労

林家木久扇×林家きく姫 師弟で語る“男社会”ならではの苦労

林家木久扇×林家きく姫 師弟で語る“男社会”ならではの苦労の画像はこちら >>



「この世界に入って30周年なんですが、あまり実感がないんです。『もう30年?』という感じ。いまだに師匠の門を初めてたたいた16歳のときのままの気持ちです」



こう話すのは、落語家・林家きく(47)。'87年に林家木久蔵(当時)に入門し、前座時代からバラエティ番組などで活躍。'01年秋には、東京の女性落語家としては4人目の真打昇進を果たした。そんな彼女が、師匠である林家木久扇(79)と入門当時のことを語り合った。



木久扇「最初に訪ねてきたの、あれは春だっけ?」



きく姫「4月ですね。師匠の事務所に行って、玄関のチャイムを鳴らしたら、扉の向こうから『いませんよ~、いませんよ~』って師匠の声が聞こえたんです」



木久扇「ふつうは『落語が面白いから』とかが入門理由なんだけど、アナタは違うんだよね」



きく姫「師匠がテレビで『いやん、ばか~ん……』とやっているのを見て、『あれ、これはジャズの“セントルイス・ブルース”じゃないか、あの曲をこんなふうに替え歌にするなんて、なんてすごい人なんだ』と感動して、『弟子入りしたい!』と思ったんです。でも師匠が落語家だという認識はなくて……」



入門後は順調に仕事が増えていったものの、男社会である落語界では戸惑うばかりだったというきく姫。根は明るい彼女も、よく落ち込んだという。



きく姫「師匠のおそばにいるだけかと思ったら、寄席で高座のお手伝いもしないといけないんです。そこにはいろんな師匠や先輩がいらして……」


当時の記事を読む

林家木久扇のプロフィールを見る
女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「林家木久扇」に関する記事

「林家木久扇」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「林家木久扇」の記事

次に読みたい「林家木久扇」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 林家木久扇 ラーメン

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。