台湾内で感染、初確認 新型肺炎

台湾内で感染、初確認  新型肺炎
(台北中央社)中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が拡散している問題で、中央感染症指揮センターは28日夜、臨時の記者会見を開き、台湾内で感染した患者が初めて確認されたと発表した。5人目の感染者である50代女性の夫で、同センターは家庭内感染の例だとしている。台湾で確認された感染者はこれで計8人となった。

5人目の感染者である50代女性は昨年10月から仕事で武漢に滞在しており、今月20日に帰台。25日に発熱や筋肉痛などの症状を発症していた。

(張茗喧/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「台湾内で感染、初確認 新型肺炎」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    急速すぎるウィルスの拡散は自然のものとは思えない。 情報統制されて的確なニュースも流れない今はすごく不安だ。中国は香港を収めるために何かしようとしたのかも。

    2
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。