サボテンが革素材に「ヴィーガンレザー」が開発される(メキシコ)

サボテンが革素材に「ヴィーガンレザー」が開発される(メキシコ)


 動物の皮を使った本革は、バッグや靴、財布などに幅広く使用されているが、皮をなめす工程において大量の化学物質が使用されることでの環境汚染や、乱獲による種の減少などの問題がある。

 そのため、近年ではナイロンやポリエステル、ポリウレタンなどの合成樹脂層をコーティングして作る合皮(フェイクレザー)の需要が増えているものの、やはりこれも環境にはやさしくない。

 そこで今回新たに開発されたのは、サボテンを使った「ヴィーガンレザー」である。この素材なら持続可能な生産の実現が見込めるし、環境に配慮されている。
[動画を見る]
Desserto | Cactus Vegan Leather

【サボテンから作るヴィーガンレザーが開発】

 メキシコ在住のエイドリアンさんとマルテさんは、これまでファッション業界や家具、自動車産業に従事してきたが、環境汚染が深刻な問題であることから、自身で環境にやさしい何かを作りたいと思うようになり、スタートアップ企業『Adriano Di Marti』を設立した。

 まる2年の歳月をかけて調査した結果、2人はサボテンに目をつけた。

[画像を見る]
 メキシコでは、サボテンが全土で栽培されており、また水を必要としなくても育つ。この2つを利用して、同社は環境にやさしいヴィーガンレザーを開発した。

[画像を見る]

【本革によく似たヴィーガンレザーは、オーガニック素材で10年の耐久性】

 エイドリアンさんとマルテさんは、メキシコで食用としてもよく使用されているノパルサボテンをサカテカス州にある農場で栽培。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク