皇帝の賄賂と嘘を暴露していた。古代ローマ帝国時代の碑文が解読される

皇帝の賄賂と嘘を暴露していた。古代ローマ帝国時代の碑文が解読される
       

古代ローマ帝国の腐敗を記した碑文 image by:Regional Museum of History-Veliko Tarnovo
 古代ローマの石のモニュメントに刻まれた碑文が、ローマ帝国の腐敗政治の実情を暴いていた。この石碑は、ブルガリアにあるローマ遺跡近くで発見された。

 その碑文には、皇帝に賄賂が支払われたことと、政治的な嘘が記されていた。この発見は、帝国に崩壊をもたらすことになった紀元3世紀の危機直前の重要な時代の歴史について、さらに理解が進む助けになった。
【古代ローマ都市遺跡で発見された石碑】

 1920年代、考古学者たちが高さ3メートルのこの石碑を発見した。発見場所は、ブルガリア北部の町、ヴェリコ・タルノヴォの北西18キロ地点にある、古代ローマ都市ニコポリス・アド・イストルム遺跡だ。

 石碑は4つに割れていて、全体にギリシャ語で37行のローマ碑文が刻まれていたが、これまで解読はされていなかった。割れた破片が火災のせいで焼け焦げていたことが一因だった。

【石碑に刻まれた重要なメッセージ】

 碑文学者のニコライ・シャランコフら、ブルガリアの研究チームは、最近になって碑文の調査を始め、石碑の破片を修復して、文章を解読することに成功した。

 碑文は、ローマ皇帝セプティミウス・セウェルス(紀元145~211年)とふたりの息子たちから、ニコポリス・アド・イストルム市民に宛てた手紙の写しだった。

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。