史上初、宇宙台風が北極上空で観測される。直径1000キロもの巨大なプラズマが吹き荒れていた

史上初、宇宙台風が北極上空で観測される。直径1000キロもの巨大なプラズマが吹き荒れていた

credit:Qing-He Zhang, Shandong Universit
 北極上空に吹き荒れた直径1000キロもの巨大なプラズマ。これは宇宙台風と呼ばれるものだ。

 地球で「宇宙台風(space hurricane)」が観測されたのは史上初めてのことだが、広大な宇宙では一般的な現象なのかもしれない。
【プラズマが螺旋を描きながら電子の雨を降らせる】

 『Nature Communications』(2月22日付)に掲載された研究によると、宇宙台風が検出されたのは2014年8月20日のこと。北極の100~860キロ上空をおよそ8時間にわたり吹き荒れたそうだ。

 中国、山東大学をはじめとするグループが4機の気象衛星を通じて観測したその形状自体は地球上で発生する一般的な台風とさして変わらない。

 周辺は最大秒速2100メートルで流れるプラズマが反時計回りの螺旋を描きながら猛威を振るうが、その中心には嘘のように静かな台風の目が形成されている。お馴染みのあの形だ。

 だが普通の台風とは違い、絡み合った磁力線と太陽風でできているために、宇宙台風を肉眼で観察することはできない。

 台風なので、もちろん雨だって降る。だがそれは水滴ではなく、電子の雨だ。これが大気電離層に降り注ぐことで、宇宙台風の下にもう1つ台風ができたかのような巨大なオーロラが発生する。

[動画を見る]
First Space Hurricane Discovered

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「史上初、宇宙台風が北極上空で観測される。直径1000キロもの巨大なプラズマが吹き荒れていた」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    歴史に残る名著「嘘つきシンちゃんの脳みそ」が発売されています。みんな、読んでね。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月8日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。