SF世界を見ているような、現実世界で開発された10の兵器

SF世界を見ているような、現実世界で開発された10の兵器
 スターウォーズの「ライトセーバー」、スタートレックの「フェイザー砲」などSFの世界には凄い武器が存在する。そして、現実世界にもSF世界を彷彿とさせるような兵器が既に存在するのである。

 本来ならこういった兵器が仕様されない世界が望ましいのだが、お互いの正義と正義がぶつかり合う為に、争いごとはなくならないのが悲しい現実だ。

 ここでは、現実世界で開発された10のSF的兵器を見ていこう。中には失敗作もある。

10. 敵から完全に身を隠して撃てる銃用「コーナーショット」

[動画を見る]

At the Range: Corner Shot CSM

 自分の体をチラリとも見せずに、敵を狙える銃があったらスゴいだろう。「Corner Shot Holdings」社の「コーナーショット」は、それを可能にする銃用のアタッチメントだ。

 殺傷・非殺傷兵器に装着すれば、物陰に隠れたままターゲットを狙うことができる。

 背面部を操作すると銃先端が曲がり、カメラと小型ディスプレイが視界を確保する。そのおかげで体どころか、敵に指すら晒すことなく射撃することができる。

 公式サイトによれば、銃を水平に構えたときだけでなく、縦に構えたときでも発砲できる。さらに射撃ポジションは、銃から手を離すことなく変更可能なので、不意に敵と遭遇した場合でも速やかに応戦することができる。

 コーナーショットは、武器というよりその付属品と思うかもしれない。しかし非常に効果的で、インド、インドネシア、中国など、世界各国の軍隊にとって必須の装備になっているという。9. 透明マント「クオンタム・ステルス」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク