ポパイにほうれん草、宇宙飛行士にレタス。特殊な宇宙産のレタスが宇宙飛行士の骨量減少を防ぐ

ポパイにほうれん草、宇宙飛行士にレタス。特殊な宇宙産のレタスが宇宙飛行士の骨量減少を防ぐ
 ポパイはほうれん草を食べると超人的なパワーを発揮したが、火星を目指す宇宙飛行士たちにとっては、それがレタスとなるかもしれない。

 NASAは2030年に火星への有人飛行を計画している。イーロン・マスクは2029年を目標としているが、火星着陸がいつになろうと、確実にわかっていることがひとつある。

 火星に向かう宇宙飛行士たちは、何ヶ月も微小重力にさらされることになる。その結果、どうしても骨量が減少してしまうのだ。

 そこでレタスだ。宇宙で栽培した特別なレタスが骨粗しょう症を食い止めてくれるという。

宇宙で栽培できる骨を守るレタス 先日開かれたアメリカ化学会のa href="https://www.eurekalert.org/news-releases/945812" target="_blank" title="">春季会議で、科学者たちが遺伝子操作による新たなレタスを作る計画書を発表した。

 それは私たちがよく知っているあのレタスによく似ているが、骨の損失を防ぐよう遺伝子操作されていて、宇宙空間でも育てることができる。

 このレタスを食べることは、ビデオゲームのパワーアップアイテムを集めて、微小重力の脅威から身を守るようなものなのだ。

「これはとてもシンプルで費用対効果も高い解決法なのです」カリフォルニア大学デービス校の科学者、カレン・マクドナルドは語る。

[画像を見る]

骨の生成を刺激するホルモンを作り出すこのレタスは、宇宙や地上での骨の減少を緩和するのに役立つ可能性がある / image credit:Kevin Yates宇宙にいると骨量が減少してしまうという問題 地上では、私たちの体は骨に含まれるミネラルを破壊・修復するバランスをうまく保ちながら、必要な栄養素を摂取できるようになっている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク