ワルキューレ「ワルキューレ LIVE 2022 ~Walküre Reborn!~」オフィシャルレポート到着!
拡大する(全1枚)
掲載:リスアニ!
戦術音楽ユニット・ワルキューレ(美雲ΔJUNNA、フレイアΔ鈴木みのり、カナメΔ安野希世乃、レイナΔ東山奈央、マキナΔ西田望見)によるライブ『SANKYO presents ワルキューレ LIVE 2022 ~Walküre Reborn!~』が、4月9日(土)と10(日)に幕張メッセで開催された。『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』を追体験できるというコンセプトで繰り広げられた今回のライブ。2日目の模様をレポートする。

幕張メッセの3つのホールを繋げた巨大な会場の中央に位置する五角形の大きなセンターステージ。その角から外へ向かって5本の花道が広がり、その先に小さなサブステージがある。しかもセンターステージの中央にはせり上がっていくステージがあり、その舞台周りはLEDスクリーンで覆われている。上方にも同じ形のスクリーンがあり、すっぽりとリフトアップされるステージを覆い隠し、五角形の筒になるような仕掛けになっていた。

その巨大な筒状のLEDスクリーンに宇宙が映し出され、それが渦巻の銀河になっていく。その映像がいつしか培養液のような水の泡に変わり、中から歌声が聴こえてくる。声の主は、Yami_Q_rayの闇雲ΔJUNNAだ。LEDに映し出された結晶体に透過され、一人で「Glow in the dark」を歌い始めると、一瞬で会場を制圧。圧巻の歌を響かせる。スクリーンの奥で、黒いドレスをまとった闇雲がかすかに揺れる。