<発達障害と高次脳機能障害>見えない障害を生きる「18歳のビッグバン」

小林春彦[コラムニスト]

* * *

筆者は18歳のときに若年性の広範囲脳梗塞に倒れ、高次脳機能障害という外見からは見えない難治性の障害を抱えて生きることを余儀なくされました。そんな元健常者としての筆者の半生を、この度「18歳のビッグバン 見えない障害を抱えて生きるということ(あけび書房)」として出版いたしました。

見えない障害といえば、日本では2005年4月に発達障害者支援法が施行され、世間的な認知という点では「発達障害」という言葉が広く知られるようになりました。アスペルガー、ディスレクシア(LD)、ADHD、自閉症、学習障害・・・。メディアや若者の間では「KY」とかコミュ障といった言葉も流行っていたように思います。

実は筆者が脳梗塞を発症したのは2005年の5月で、ちょうど高次脳機能障害となった時期と重なります。

発達障害と高次脳機能障害は、その症例も「外見からわかりにくい」という点でも類似性はありますが、それが先天性のものであるか後天性の脳損傷に起因するものかによって区別されています。

そうした混沌としたなか、多感な18歳だった私は「自分とは何者か」を人に説明できる何かにラベリングされたい、との思いがいつも渦巻いていました。

先天的な能力や性格、後天的な能力や性格を分析し区別するのは、ことのほか困難を極めました。いくつもの医療機関や医学文献に触れ、そして何より自分と向き合う日々が続きます。

ときには、見てそれと分かりやすい障害者を妬んだりもしました。見えない障害を抱えている人は、見て分かりやすい障害を抱える人よりも、何らかの支援や配慮を受けるのに自己説明の責任が求められます。拙著では、そうした筆者の思春期の葛藤を生々しく綴ったところもあります。...続きを読む

あわせて読みたい

メディアゴンの記事をもっと見る 2016年1月9日のライフスタイル記事

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。