目次
  • 水分の減少率とそれの伴う症状の違い
  • 見落とされやすい認知症高齢者の脱水症状
  • 認知症の人に水分を摂取してもらう4つの工夫

人間が生きるためには水分が必要不可欠です。「人間の身体の60%は水分でできている」ということは、皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。体内の水分量が低下すると、さまざまな健康被害が生じることもわかっています。

中でも、高齢者は水分が不足しやすいため、こまめな水分補給が欠かせません。特に認知症の人は、「喉が渇いた」などを言葉にできない可能性があります。

今回は、認知症介護で大切になる水分補給について考えます。

水分の減少率とそれの伴う症状の違い

まずは、水分不足が人体にどのような影響を与えるのかをみてみましょう。

水分減少率と症状水分
減少率 水分減少に伴う症状 2% 喉の乾き 3% 強い喉の渇き、食欲不振、ぼーっとする 4% イライラする、体温の上昇、だるさ、尿が濃く量が減少、皮膚が赤くなる 5% 頭痛、ほてり 8~10% けいれん、ふるえ、めまい 20% 尿が出ない、生命活動の停止

また、厚生労働省は、必要水分量の計算式も示しています。

【必要な水分量の計算式】

体重(kg)×年齢別必要量(ml)=必要水分量

【年齢別必要量の目安】
  • 30歳未満:40ml
  • 30~55歳:35ml
  • 56歳以上:30ml

例えば、体重60㎏で40歳の人は、60×35=2100mlが1日に必要な水分量になります。これは、あくまで一般的な目安であり、運動や環境によって発汗量が多いときは、それ相応の水分量が必要になります。


この記事の画像

「健康に重大な影響を与える高齢者の水不足。認知症の人にも効果的に摂取してもらう4つの工夫」の画像1 「健康に重大な影響を与える高齢者の水不足。認知症の人にも効果的に摂取してもらう4つの工夫」の画像2