目次
  • 徘徊を認知症状の一つだと捉えることの弊害
  • 介護事業所における認知症の人への対応
  • 認知症の人の行方不明を防ぐ3つの方法
  • 住民が認知症の人を気にかける地域を構築する
  • 認知症の最大の発症リスクは加齢とされています。長寿化が進むわが国では、認知症は特別なものではありません。私たちは認知症と共に歩むときを迎えています。

    そんな中、避けては通れない課題が認知症と行方不明です。認知症の状態にある方が外出したまま行方不明となったり、電車の事故にあったりと心を痛める出来事が相次いでいます。

    2020年、警察に届け出のあった認知症の人の行方不明者数は、1万7,565人にものぼります。今回は、この課題への対策について考えていきます。

    徘徊を認知症状の一つだと捉えることの弊害

    認知症の人が道に迷い、自宅などに戻れないことや、施設内をウロウロと歩きまわることを「徘徊」と表現しているニュースをよく目にしますが、皆さんは徘徊という言葉の意味を知っていますか?

    辞書で調べると「目的なく、うろうろ歩き回ること」とあります。つまり、認知症の症状も同様に捉えられてきました。

    私は18年以上介護の現場で働いてきましたが、出会ってきた認知症の人の中で、目的なく歩き回っている方はいませんでした。もちろん歩いている目的(理由)を、理解(分析)できていないことはあります。

    認知症の人が歩き回るのは、記憶障がいや見当識障がいなどによるためで、本人が一番困っているものです。


    この記事の画像

    「認知症の人の行方不明は年間1万7,000件以上。予防や早期発見のために在宅介護でできる対策」の画像1 「認知症の人の行方不明は年間1万7,000件以上。予防や早期発見のために在宅介護でできる対策」の画像2