ヤングケアラーにも楽しんでほしい!ヒップホップ調の音楽レクで世代間交流
拡大する(全3枚)
今井さん
目次
  • ヤングケアラー問題は福祉からのアプローチが必要
  • 音楽とレクが世代間の溝を埋める
  • ヒップホップと介護レクの融合
  • ヤングケアラー問題は福祉からのアプローチが必要

    今井:現在、馬場田先生は音楽健康指導士として、介護施設の利用者さんはもちろん、職員さんも一緒に楽しめる音楽レク動画を多数公開されています。

    認知症や介護への関心を高め、より多くの方に早期予防に取り組んでほしい、さらに介護業界の活性化のため若い世代に向けた介護のイメージ改革を目指したいという、先生の想いが込められていました。

    そしてこのたび、ヤングケアラーの皆さんも楽しめて役立つ、新しいレク動画プロジェクトが始まったとお伺いしました。まず、ヤングケアラーの現状について教えていただけますか?

    馬場田先生:2021年3月に三菱UFJリサーチ&コンサルティングが発表した『ヤングケアラーの実態に関する調査研究』によると、日本では中学2年生の17人に1人の割合でヤングケアラーがいるとされています。

    私もケアマネージャーとして利用者さんのお宅に訪問すると、お孫さんが介護を手伝っているというケースをときどき見受けますが、近年はその数が多くなっていると感じています。

    また、私の施設にも障がいを抱えるお子さんを持つ職員がいますが、日中は兄弟がその子の見守りを行うなど、兄弟姉妹同士で介護を行う場面もあると聞いています。

    さらに先述の調査では、ヤングケアラー本人が介護に対するストレスや孤独感などを感じているというよりも、介護として認識せずに責務として割り切って考えている方が多いこともわかり、とても印象的でした。


    この記事の画像

    「ヤングケアラーにも楽しんでほしい!ヒップホップ調の音楽レクで世代間交流」の画像1 「ヤングケアラーにも楽しんでほしい!ヒップホップ調の音楽レクで世代間交流」の画像2 「ヤングケアラーにも楽しんでほしい!ヒップホップ調の音楽レクで世代間交流」の画像3