日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”“外債”」

日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”“外債”」
拡大する(全5枚)

日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”...の画像はこちら >>

2001年7月に「上場インデックスファンド225(1330)」を上場してから現在までに、20本以上の「上場インデックスファンド」シリーズのETFが上場し、市場でも存在感を見せている日興アセットマネジメント。多くの銘柄に携わってきたETFビジネス開発部長兼商品開発部長の有賀潤一郎さんに、日興アセットマネジメントのETFの特徴を聞く。

また、今後のETF市場に期待していることも伺うと、ETFの可能性を広げるようなアイデアを語ってくれた。さっそくその言葉をお届けしよう。

日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”“外債”」


成長傾向にある「米国株」と「外国債券」

――日興アセットマネジメントのETFの特徴としては、どのような部分が挙げられますか?

「近年の傾向として、小さいながらも米国株や外国債券のETFのシェアが増えてきているところが特徴的だと捉えていますし、今後伸ばしていきたい部分と考えています。

米株、外債のETFの残高をまとめると、2020年から2021年にかけて大きく増加していることがわかります。『上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(1547)・為替ヘッジあり(2521)』『上場インデックスファンド米国株式(ダウ平均)(2562)』『上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし(2568)・為替ヘッジあり(2569)』を合わせても総額1,680億円(※)なので、残高の桁を1つ、2つ上げることを目指す段階ではあるのですが、モーメントの変化率としては注目すべきだといえます」


この記事の画像

「日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”“外債”」」の画像1 「日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”“外債”」」の画像2 「日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”“外債”」」の画像3 「日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”“外債”」」の画像4
「日興AM「ETF成長傾向にある今伸ばしていきたいのは“米株”“外債”」」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

東証マネ部!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク