髙橋大輔は最後の全日本で何を遺した? 魂のラストダンスに宿した「終わりなき挑戦」

髙橋大輔は最後の全日本で何を遺した? 魂のラストダンスに宿した「終わりなき挑戦」
       

「魅せることができなかった」。唯一無二の表現者は、シングル最後の全日本選手権でそう口にした。だがそのラストダンスは、確かに見る者の心を震わせるものだった。
5度の全日本制覇だけでなく、日本で、アジアで、男子シングル史上初となる五輪メダリストにして世界王者にも輝いた。そのスケート人生は、まさに挑戦の歴史でもあった。だが、続く。髙橋大輔の終わりなき挑戦の旅路は、これからも続いていく――。

(文=沢田聡子、写真=KyodoNews)

陸上のダンスと氷上のスケートを妥協なく融合させる

2019年全日本フィギュアスケート選手権アイスダンスチャンピオン・小松原美里&ティム・コレト組のコレトは、2007-08シーズン当時、シングルスケーターとしてコロラドで練習していた。その際、髙橋が『白鳥の湖 ヒップホップバージョン』を練習している様子を見たことがあるという。

「本当にかっこいいと思いました。『スワンレイク』、すごいと思いました。そのタイプ(ヒップホップダンス)は、それまで氷の上で見たことない」

目を輝かせて髙橋のまねをしてみせたコレトは、「一緒の大会に出られると全然思っていなかった」と話している。

髙橋は、2007-08シーズンのショートプログラム『白鳥の湖 ヒップホップバージョン』(ニコライ・モロゾフ振付)で、表現上の限界に挑んでいる。いわゆる「縦ノリ」のヒップホップダンスと横に滑っていくスケートが融合したプログラムは、世界に衝撃を与えた。


当時の記事を読む

高橋大輔のプロフィールを見る
REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高橋大輔」に関する記事

「高橋大輔」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高橋大輔」の記事

次に読みたい「高橋大輔」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 高橋大輔 Instagram
  2. 高橋大輔 エキシビション
  3. 高橋大輔 復帰

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。