「母を誇りに思う」 鬱病と闘ったグレイシー・ゴールド、コロナ最前線で闘う母との絆

「母を誇りに思う」 鬱病と闘ったグレイシー・ゴールド、コロナ最前線で闘う母との絆

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスに立ち向かうため、世界中のトップスケーターが集まったオンラインチャリティーイベント“Blades for The Brave”。その司会を務めたのは、自殺願望とも闘った想像を絶する暗闇の時期を乗り越え、今シーズンの全米選手権で復活劇を演じてみせた、グレイシー・ゴールドだ。その凛とした姿には、コロナ禍にある世界中の人々へと伝えたいメッセージが感じられた――。

(文=沢田聡子、写真=Getty Images)

フィギュア界の期待を一身に背負った彼女が受けた心の傷

2012年、世界ジュニア選手権銀メダリストとなった16歳のグレイシー・ゴールドは、数々の名スケーターを輩出したアメリカ女子の歴史を受け継ぐ存在として注目されるようになる。跳び上がった瞬間に軸がキュッと締まるトリプルルッツ、女優のような美貌。“ゴールド”というその名前も、彼女が歩む華やかな道のりを予告しているようだった。お気に入りのスケーターとしてゴールドの名前を挙げたフォトグラファーが、バックヤードでウォームアップする彼女をよけて通った時にお礼を言われ、「とても感じが良かった」と言っていたことも思い出される。

優れた才能、端麗な容姿、人柄の良さを兼ね備えたゴールドは、17歳で全米選手権に初出場、2回目の出場となった2014年大会で18歳の全米女王になる。さらに2014年ソチ五輪ではアメリカ代表の一員として団体銅メダルを獲得、個人戦でも4位と好成績を残した。順調にキャリアを積み重ねていたゴールドがその後苦難の道のりをたどることを、誰が予想しただろうか。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュース

次に読みたい関連記事「レスリング」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「競泳」のニュース

次に読みたい関連記事「競泳」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「卓球」のニュース

次に読みたい関連記事「卓球」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。