「産後復帰は計画通りにはいかない」ママ選手に焦らず寄り添った専門家が至った選択とは?

「産後復帰は計画通りにはいかない」ママ選手に焦らず寄り添った専門家が至った選択とは?

女子ハンドボール選手・高木エレナは、一昨年に出産後、JISS(国立スポーツ科学センター)と連携した「産後復帰プロジェクト」を経て、昨年に現役復帰を果たした。彼女の所属する三重バイオレットアイリスのフィジカル管理を務め、復帰までのプロセスを支えた「チーム三重」の一人が佐久間雅久だ。焦らずに寄り添うアプローチを心掛けながら、佐久間はどのようなプランを立て、具体的にどういう段階を踏んでトレーニングを行ったのか?

(インタビュー・構成=木之下潤、写真提供=MARK THREE DESIGN)

高木エレナの産後復帰を支えたトレーナーのプラン

――高木エレナ選手にお聞きした出産からチーム合流までの経緯は次のような流れでした。

【出産からチーム合流までの経緯】
▼2018年12月
息子を出産。
  ↓
▼2019年4月 
自宅や病院で軽運動スタート。
  ↓
▼2019年5月 
JISSとチーム三重で話し合い。
  ↓
体を動かす基礎の基礎づくりを行う。ただし、子育てをしながらなので、トレーニング実施は不定期的な状況。
  ↓
▼2019年7月 
軽負荷での持久系、瞬発系、リアクション系のトレーニングを導入。
  ↓
▼2019年8月 
息子がずりばいを始め、トレーニングができない。預け先を探して落ち着くのに1カ月ほどかかる。 
  ↓
▼2019年9月 
チームに合流して週3回の定期的な練習が可能に。 

――佐久間さんはトレーナーとしてクラブとの関係性もあり、高木エレナ選手の産後復帰に関する相談が届いたのだと理解しています。そのあたりの経緯を教えてもらえますか?


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月28日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。