実況のプロが語るスポーツ中継の裏側 コロナ禍での無観客試合をより深く楽しむポイントとは

実況のプロが語るスポーツ中継の裏側 コロナ禍での無観客試合をより深く楽しむポイントとは

実況といえばスポーツ中継に欠かせない要素の一つだが、映像があるテレビやインターネット配信とラジオではその形が異なるというのを意識したことはあるだろうか。元文化放送、現在はDAZNなどで実況を務めているフリーアナウンサーの上野智広氏は、その両方を経験してきた一人。長年野球を中心に幅広いスポーツを言葉で伝えてきた上野氏には、実況人生に残る解説者との「最高のやりとり」、そして自分なりの”実況者論”があるという。コロナ禍によってプロ野球やJリーグは無観客での試合開催が検討されている中でスポーツ中継に欠かせない実況の裏側を知れば、デバイス越しの観戦をもう一段階深く楽しめるはずだ――。

(インタビュー・構成・撮影=森 大樹)

三塁コーチの経験が野球の知識のベース

――現在は野球を中心に実況を担当することが多い上野さんですが、やはりご自身も実際にプレーをしていたのでしょうか?

上野:中学は軟式、高校は硬式野球をやっていました。強くはないし、理不尽もまかり通る時代でしたが、周りに恵まれて、楽しく野球をやってましたね。

――ポジションはどこを守っていたんですか?

上野:補欠でしたが、ポジションはセカンドでした。試合の時はほとんど三塁コーチをやっていましたね。

――でも三塁コーチは結構重要なポジションですよね。

上野:だからよく怒られましたよ(笑)。でもそこで野球を勉強した感じです。コーチの言っていることは正しいんですが、無茶ぶりがひどかったですね。「点が入るかどうかの大事なところだから、本当は俺があそこに立って指示を出したいけど、できないからお前が代わりにあそこに立っているんだ。だから俺が考えてることをお前がやれ!」と言われていました。でもそんなの、一部活生にわかるわけがない(笑)。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「実況のプロが語るスポーツ中継の裏側 コロナ禍での無観客試合をより深く楽しむポイントとは」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    実況の下手なアナウンサーが多い。

    0
この記事にコメントする

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。