五輪成功のヒントは「現代の出島」? スタジアムに必要な3つの対策と公衆衛生都市という未来図

五輪成功のヒントは「現代の出島」? スタジアムに必要な3つの対策と公衆衛生都市という未来図

7月に入り東京都内で新型コロナウイルスの感染者が連日100人を超え、依然として予断を許さない日々が続く。一方、今月からスポーツ界では部分的に観客を入れた興行を再開する予定であり、将来的なコロナ共生も踏まえ、スタジアム・アリーナの在り方について改めて見直す必要が求められる。そこで今回は「公衆衛生」をキーワードに、スタジアム・アリーナの専門家、上林功氏が東京五輪開催に向けて3つの対策を提案。さらに東京ベイエリアの有効な活用方法についての可能性も探る。

(文=上林功、写真=Getty Images)

スタジアム・アリーナの在り方を見直すタイミング

東京オリンピック・パラリンピックが来年に延期になり、簡素化での開催が検討されています。6月10日に報じられたIOC(国際オリンピック委員会)との合意内容では、

①安全・安心な環境を提供
②延期に伴う費用を最小化
③安全で持続可能な大会とするための簡素化

を基本原則として、式典やイベントの縮小、参加者を限定的にするなどオリンピックそのものをシンプルに行うとされています。

IOCが掲げる「オリンピズムとコロナ」の中で、今後スポーツにおいては公衆衛生が重要となることを挙げており、来年行われる東京オリ・パラは、単なるスポーツイベントに留まらず、今後のスポーツの在り方を示す試金石の一つとなると考えられます。

一方で、今後については感染症収束に向けた動きを注視しながら「秋以降に詳細な検討を行う」としており、しばらくは座して待つ状態となっています。個人的には、将来的なコロナ共生を踏まえて、今からスポーツ実施の体制を整えることが肝要であり、官民連携も含めたスタジアム・アリーナの在り方について、都市と一体となった公衆衛生の観点で見直すタイミングにあると考えています。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月8日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。