東京五輪・柔道の最多金メダルの陰に“経営の神様”? 共通点が導くドラッカー3つの教え

東京五輪・柔道の最多金メダルの陰に“経営の神様”? 共通点が導くドラッカー3つの教え
拡大する(全1枚)

ビジネス書を読んでいて「これってスポーツの指導や個の成長においても大事なことだ」と感じることは多々ある。「自身が何者か内省する」「弱みに目をつぶり強みを伸ばす」「変化を受け入れてその先頭に立つ」――。これらはすべてビジネスにおいてもスポーツにおいても欠かせない要素だ。生前の“経営の神様”ピーター・F・ドラッカーから直接マネジメントについて指導を受け、現在は事業家・教育者・研究者として活動しながら母校上智大学サッカー部監督として学生スポーツチームの運営にも関わる藤田勝利は、スポーツ界における名将・名選手と、ドラッカーの教えには共通点が多いと指摘する。

(文・写真提供=曽根圭輔)※写真左が曽根圭輔氏、右が藤田勝利氏

スポーツ界でも実践される“経営学の父”ドラッカーのマネジメント術

「経営の神様」「マネジメントの父」と称されるピーター・F・ドラッカー。彼の組織マネジメントや個人成長に関する理論や思想は、世界中の経営者やビジネスパーソンに影響を与え続けている。

スポーツ界においても例外ではないようだ。アメリカ・クレアモント大学院大学の「ドラッカー・スクール」で生前のドラッカーから直接指導を受け、サッカー指導者(現・上智大学サッカー部監督)でもある藤田勝利さんは「日本の優れたアスリートや指導者は知ってか知らでかドラッカーの手法を実践しているケースが多い」と説明する。

藤田さんの著書『新版 ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント』(日経BP)の中でも紹介されているドラッカーの“言葉”を挙げながら、結果を残すスポーツ指導者のマネジメントやアスリートのセルフマネジメントについて探っていく。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「オリンピック」に関する記事

「オリンピック」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「オリンピック」の記事

次に読みたい「オリンピック」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク