『ノーサイド・ゲーム』に不満の声集まるも、“マッチョの魅力”に目覚める視聴者続出?「スポ根」人気も

『ノーサイド・ゲーム』に不満の声集まるも、“マッチョの魅力”に目覚める視聴者続出?「スポ根」人気も
 新日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の第2話が14日に放送され、視聴率が11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であることがわかった。視聴率13.5%だった第1話に引き続き、2桁の視聴率を獲得した。

 本作は、『半沢直樹』『下町ロケット』などでおなじみの池井戸潤氏による最新書下ろし小説が原作である。大手自動車メーカー「トキワ自動車」に務めている中堅サラリーマンの君嶋隼人(大泉洋)は上司の反感を買い、同社の工場へ左遷される。その後、君嶋は自社のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーに任命され、成績不振なチームを再び強豪チームへと立て直そうと奮闘する――というストーリーだ。第2話では、君嶋が大学の同級生の柴門琢磨(大谷亮平)に、アストロズ監督をオファーして断られるものの、めげずに何度も説得するという展開となった。

 本作では、ストーリーやキャスティングに対し、「大泉洋、エリート役に見えないな。堺雅人福山雅治阿部寛に比べて軽いし…。脇役なら完璧だったんだろうけど」「主人公の妻の真希(松たか子)の毒舌なキャラがイライラする。松たか子のイメージと合わないし、この役必要ある?」「ラグビーの説明が淡々としすぎて、全然ルールがわからない~」という不満の声も挙がっていた。

 一方で、「アストロズ」の熱血選手たちの鍛えられた筋肉に注目が集まっている。「ラグビー選手たちの筋肉ステキ~!

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 視聴率 いだてん
  2. 視聴率 ドラマ
リアルライブの記事をもっと見る 2019年7月16日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事

「視聴率 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事

「視聴率 + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュース

次に読みたい関連記事「視聴率」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。