[ALEXANDROS]の強度を支える白井眞輝「ギターが減っても、その中で主体性を持って何ができるか考える」

[ALEXANDROS]の強度を支える白井眞輝「ギターが減っても、その中で主体性を持って何ができるか考える」
拡大する(全5枚)
[ALEXANDROS]のメンバーにソロ取材を敢行。今回はギタリスト、白井眞輝に話を聞いた。

※この記事は2018年9月25日に発売されたRolling Stone Japan vol.04に掲載されたものです。

2018年8月16日、小雨降りしきるZOZOマリンスタジアムで行われた『VIP PARTY 2018』。このライブで、誰よりも楽しそうな様子で演奏をしていたのが[ALEXANDROS]・白井眞輝だった。いつもは寡黙でかつクールな佇まいの彼が吹っ切れたかのようなポジティヴィティに満ちた表情で、時にメロイック・サインまで掲げて、ギターを意気揚々と弾き倒していたのはいつにも増して新鮮な景色に見えた。

今回のアルバム制作にあたり、渡米し、じっくりと長い期間をアメリカで過ごしたことで、彼はこの国の持つある種の楽観的な精神性に深く揺り動かされたという。「高み」を目指し続けるストイックな闘いの中で忘れかけていた、音楽を純粋に楽しむということ――何が起きても「楽しむ」ということの大切さを、彼は今、噛み締めているようだった。

「世界一のロックスターって肩書きは幻影みたいなもの」と語る白井は、我々が想像する以上にこれから[ALEXANDROS]が歩もうとする道筋に対してフラットだ。世界の音楽シーンや、ギタリストとしての立ち位置など関係なく、いま必要とされること、できることを自分が納得できるまでやり通す。これまで幾多の試練を乗り越えてきた彼は、今、海外進出という大きな目標を前にしても、どこまでも自然体だ。[ALEXANDROS]・白井眞輝は、揺るがない。

この記事の画像

「[ALEXANDROS]の強度を支える白井眞輝「ギターが減っても、その中で主体性を持って何ができるか考える」」の画像1 「[ALEXANDROS]の強度を支える白井眞輝「ギターが減っても、その中で主体性を持って何ができるか考える」」の画像2 「[ALEXANDROS]の強度を支える白井眞輝「ギターが減っても、その中で主体性を持って何ができるか考える」」の画像3 「[ALEXANDROS]の強度を支える白井眞輝「ギターが減っても、その中で主体性を持って何ができるか考える」」の画像4
「[ALEXANDROS]の強度を支える白井眞輝「ギターが減っても、その中で主体性を持って何ができるか考える」」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ローリング・ストーンズ」に関する記事

「ローリング・ストーンズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事

次に読みたい「ローリング・ストーンズ」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク