キセル、リアレンジした新録楽曲も収録した2枚組ベストアルバム発売

キセル、リアレンジした新録楽曲も収録した2枚組ベストアルバム発売
拡大する(全1枚)
キセルがベストアルバム『Kicells Best 2008-2019』を8月21日にリリースすること発表した。

今年で結成20周年を迎えたキセル。Disc1にはカクバリズム移籍後の2008年以降のアルバム『magic hour』、『凪』、『明るい幻』、『The Blue Hour』などから選曲した全12曲を収録。Disc2はビクター時代も含む過去曲を、リアレンジし録り直したテイク、6曲を収録した2枚組のベストアルバムとなっている。

また、結成20周年に際して、9月16日には3度目となる日比谷野外音楽堂にて『20th anniversary year of Kicell ~野音でキセル 2019~』が行われる。チケットは絶賛発売中。

辻村豪文コメント
キセル結成20周年を迎えるにあたって、この度ベスト盤を出すことと相成りました。「若くて有望なミュージシャンがどんどん出て来る中、まだ聴いてもらったことのない人に向けて少しでも間口を広げたい」という角張くんからの提案にありがたく納得しつつ、せっかくの機会なのでライブをやりながらここ10年くらいでアレンジの変わったのを何曲か再録してみたい、という我儘叶って2枚組でのリリースになります。
内容はカクバリズムからの4枚のアルバムの内から選曲してまとめたものと、ビクター在籍時からやり続けてる曲を中心に新しく録り直したもので、再録の方は改ってキセルの原点回帰という訳でもないですが、全曲四畳半宅録です。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク