サンダーキャット×休日課長が語る、この時代に弦のベースを弾くことの意味

サンダーキャット×休日課長が語る、この時代に弦のベースを弾くことの意味
サンダーキャットと休日課長による夢の日米トッププレイヤー対談が実現。ポップ・ミュージックの進化が続くなか、弦のベースを弾く意味はどこにある? 

ジャズやヒップホップ、AORなどジャンルの垣根を越えながらベースの可能性を押し広げ、この楽器を象徴するアイコンとなったサンダーキャット 。かたや、ゲスの極み乙女。、DADARAY、ichikoroなど複数のバンドに所属し、そのファンキーかつメロディックな奏法によって今や日本を代表するベーシストの一人となった休日課長。共に超絶技巧を誇りながら、そこに拘泥することなく楽曲の魅力を引き出してきた2人の臨機応変なベーススタイルは、ジャンルや世代を問わず様々なミュージシャンから称賛され続けている。さらに、課長がサンダーキャットの影響を公言してきたのもあり今回のスペシャル対談が実現。ベースへの熱い思いや互いの演奏論はもちろん、「愛、喪失、人生、それに伴う浮き沈み」をテーマに掲げたサンダーキャットの最新作『It Is What It Is』や、Netflixで配信中の『テラスハウス』出演でも知られる課長の気になる恋愛事情(?)についてもじっくりと語り合ってもらった。

●【対談撮り下ろし】写真14点

サンダーキャット×休日課長が語る、この時代に弦のベースを弾くことの意味

Photo by Kana Tarumi

お互いの印象とシンパシー「楽器は言語みたいなもの」

ー課長がサンダーキャットを知ったきっかけは?

課長:初めて知ったタイミングは正確には思い出せないけど、レコードバーでサンダーキャットの『Drunk』(2017年)を、アナログで聴いたのがどハマりするきっかけだったかな。最初は技巧的な演奏に驚き、聴いているうちにそのサウンドスケープや世界観に魅了されて。とても澄んだ空気感なのに、ビートは強烈というのが新鮮だったのだと思います。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「YUI」のニュース

次に読みたい関連記事「YUI」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ももいろクローバーZ」のニュース

次に読みたい関連記事「ももいろクローバーZ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「相川七瀬」のニュース

次に読みたい関連記事「相川七瀬」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月14日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。