松本隆トリビュートアルバムにB’z参加、桑名正博のヒット曲をカバー
拡大する(全2枚)
2021年7月14日にリリースされる、松本隆のトリビュートアルバム『風街に連れてって!』にBzが参加することが決定した。

作詞活動50周年を迎えた作詞家・松本隆。彼のトリビュート作品に参加するBzが、カバー曲を発表するのは実に16年ぶりとなる。Bzがカバーする楽曲は、1979年にリリースされた桑名正博のロックナンバー「セクシャルバイオレットNo.1」に決定。

本アルバムのプロデューサー亀田誠治は、松本隆の歴史を語る上で切っても切り離せない作曲家・筒美京平の楽曲であり、松本にとって初のヒットチャートナンバーワン作品でもある「セクシャルバイオレットNo.1」をどのアーティストにカバーしてもらおうか悩んでいた時に、思い浮かんだアーティストがBzだったという。亀田はBzのアルバムレコーディングにベーシストとして参加したことから親交あり、直接手紙を書きアルバムへの参加をオファーしたところ、即OKの返事が届いた。実は、Bzの松本孝弘は、Bz結成前の20代前半に桑名のバックバンドに在籍し、当時「セクシャルバイオレットNo.1」を演奏していたとのこと。完成したBz版セクシャルバイオレットNo.1は、亀田誠治によるゴージャスなアレンジが施され、ギターの松本はアクセル全開でギターソロを弾き、ボーカルの稲葉はそのサウンドの上を縦横無尽にシャウトし、まるでBzの新曲かと聞き間違えるような骨太サウンドに仕上がっている。  

この記事の画像

「松本隆トリビュートアルバムにB’z参加、桑名正博のヒット曲をカバー」の画像1 「松本隆トリビュートアルバムにB’z参加、桑名正博のヒット曲をカバー」の画像2