KEITH(ARB)「俺自身がARBファンの一人だから、ARBの楽曲を叩き続けたい」

ブルー・コメッツに押しかけてバンドボーイを志願

──出身は秋田県の男鹿市ですよね。

KEITH:うん。なまはげの街。生まれたのは1952年2月6日。

──ごきょうだいは?

KEITH:二人兄弟で、下に弟がいる。

──どんな子どもだったんですか。

KEITH:あっち行ったりこっち行ったり、落ち着きがなかったね。親戚じゅうを遊びに歩いたりして。とにかくしょっちゅうどこかに出歩いてはケガをしてるような子どもだった。チャンバラとかよくやってたね。

──音楽に興味を抱いたのはいつ頃でしたか。

KEITH:グループ・サウンズが出てきた中学の頃。テレビでタイガースやテンプターズ、ジャッキー吉川とブルー・コメッツなんかを見て、「これは女の子にモテるぞ」と思って(笑)。それで自分でもバンドをやることにして、親にエレキ・ギターを買ってもらった。

──高価な楽器を買ってもらえるような裕福な家庭だったんですか。

KEITH:いや、ごく普通の家庭なんだけど、無理やりお願いして。ちっちゃいアンプと一緒に買ってもらった。

──初めて触れた楽器がドラムではなくギターとは意外ですね。

KEITH:当時の花形だったからね。ベンチャーズの「二人の銀座」や「パイプライン」を弾いてみたんだけど、指が動かなくて全然弾けなくて。これは合わないと思った。

──それでドラマーに転向したと。

KEITH:友達がドラムセットを持ってて、あるとき見よう見まねで叩いてみたら、上手い具合にいくなと思って。タイガースの瞳みのるさんのドラムは好きだったけど、自分でも叩けるとは意外だった。子どもの頃はパイロットとかになりたかったけど、中学の頃からもう音楽で食べていきたいと思ってたね。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Rooftopの記事をもっと見る 2019年2月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。