少年の明日への暴走! 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』著名人コメント&本編映像解!

少年の明日への暴走! 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』著名人コメント&本編映像解!
拡大する(全4枚)
『ベッカムに恋して』のグリンダ・チャーダが監督を務め、ブルース・スプリングスティーンの音楽に影響を受け ながら成長していく少年の姿を描く『カセットテープ・ダイアリーズ』が7月3日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開となる。 イギリスの町ルートンで暮らすパキスタン移民の高校生ジャベド。音楽と詩を書くことが好きな彼は、閉鎖的な街の中で受ける人 種差別や、保守的な親に価値観を押し付けられる鬱屈とした生活から抜け出したくてたまらない。だがそんなある日、そのモヤモヤ をすべてぶっ飛ばしてくれる、ブルース・スプリングスティーンの音楽と衝撃的に出会い彼の人生は変わり始める。
少年の明日への暴走! 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』著名人コメント&本編映像解!
本作は英国ガーディアン紙で定評のあるジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの回顧録「Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll(原題)」を基に描いた青春音楽ドラマ。昨年のサンダンス映画祭でのプレミア上映をはじ め、多くの観客と評論家から高評価を得ている爽やかな感動の物語。1999年にポール・マッカートニーやビリー・ジョエルらと共にロッ クの殿堂入りを果たし、ファンから《ボス》と親しまれるスプリングスティーンの楽曲が存分に使用されている。
少年の明日への暴走! 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』著名人コメント&本編映像解!
この度、本作をいち早く鑑賞した中村あゆみさん、サニーデイ・サービスの曾我部恵一さん、CHAIのユウキさん、眉村ちあきさん 等幅広い世代の著名人よりコメントが寄せられた。あわせて本編映像が解禁! 新学期がスタート、ジャベド(ヴィヴェイク・カルラ)が食堂に向かうと80年代イギリスで流行していたゴス、ソルト・ン・ペパーやワム、 バナナラマ風といった各々の格好で生徒が集まっている。彼は自身が属するグループがなく一人席につくが、同じくムスリム系のループ ス(アーロン・ファグラ)に声を掛けられる。そして「この腐った世界で真実へ導く男だ」と差し出されたのは2本のカセットテープ。ジャベ ドが≪ボス≫と出会う直前の様子が切り取られている。

この記事の画像

「少年の明日への暴走! 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』著名人コメント&本編映像解!」の画像1 「少年の明日への暴走! 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』著名人コメント&本編映像解!」の画像2 「少年の明日への暴走! 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』著名人コメント&本編映像解!」の画像3 「少年の明日への暴走! 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』著名人コメント&本編映像解!」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク