GACKTが語る【コロナ期の収穫】とは? 『GACKT超思考術』が発売!
拡大する(全2枚)
緊急事態宣言再発令に揺れる日本。 そんな最中、GACKTの新刊、 『GACKT超思考術』が発売となった。奇しくも緊急事態宣言再発令と同日であった。 時短営業やイベントの上限人数の要請など、 さまざまな分野に影響が出るであろう今回の再発令。 経営者側の苦しい声も多数あがっている。 この未曾有の時代をどう生き抜くのか。 今回、 『GACKT超思考術』発売にあたり、 そのヒントが語られた制作の様子やインタビュー動画の全てが順次公開されている。『GACKT超思考術』制作のために出版社NORTH VILLAGEの北里洋平(『GACKTの勝ち方』編集・発行)が、 日本はもちろん、 GACKTが住むマルタ島にも飛び、 GACKTの自宅で行った【制作インタビュー】 。 テレビ等の収録の場とは違い、 プライベートかつリラックスした場で個人の想いや考えを、 公私ともにつきあいのある、 気心の知れた担当編集者を相手に語る、 GACKTの人柄を知ることができる貴重な動画の数々となっている。 そしてそのインタビューで、 GACKTは【コロナ期の収穫】について言及した。 この時代を生き抜くヒント として、 GACKTはまず、 現代において求められるのは【適応力】 だと明言した。 「 過去と現代の大きな違いは、 【トランジション】(変革期)が起こる期間の変化だ。 スマホやITの普及で、 生活・ワークスタイル・ビジネス等、 全てが変化するような トランジションが数十年単位から数年単位で起こるようになってきた。 その変化に【適応】できなければ 生き残れない 。 日本は【適応】できないまま、 欧米諸国に比べ10年程度の遅れをとっていたが、 コロナによって更なる【トランジション】が起き、 リモートワーク、 高齢者へのスマホの普及など、 強制的に大きな変化に適応せざるを得なくなった。 そんな時代だからこそ、 【コロナのせいで】ではなく 【コロナだから】と【適応】したものが生き残る 。 飲食業界をみても、 【コロナのせい】で潰れていく店が多数ある一方で、 【コロナをキッカケ】に、 店舗展開を大きく拡大している会社が存在するのも事実。 【コロナがあったからこそ】ボクはYoutubeに本格参入し、 その編集をボクのチームがゼロから学んで自分たちで制作することで、 チームとしても成長できた。 昔は一度の成功で10年食べていけたが、 今は【勝ち続けなければならない】。 そのために必要なのが【適応力】なんだ 」前著、 『GACKTの勝ち方』 でGACKTが記したように、 GACKT自身もミュージシャンとしてのキャリアをスタートした頃から、 音楽業界の未来、 CDが売れない時代が来ると見越していた 。

この記事の画像

「GACKTが語る【コロナ期の収穫】とは? 『GACKT超思考術』が発売!」の画像1 「GACKTが語る【コロナ期の収穫】とは? 『GACKT超思考術』が発売!」の画像2