宗教集団「全能神」を大摘発…マヤ暦「最後の日」で表面化=中国

       
 中国当局が新興宗教集団「全能神」の摘発に全力で乗り出している。同集団が「マヤ暦によると2012年12月21日が世界最後の日」との説を取り入れ活動を活性化したことに反応したと見られる。中国新聞社など中国メディアは、同集団を非難し摘発強化を伝える記事を次々に配信している。

 「全能神」は「実際神」、「東方閃電」とも自称する集団で、1990年初期に河南省で発生したとされる。教祖とされる女性は河南省出身で、自らを「イエス・キリストなどに次いで、神が地上に使わした最後の預言者」であり「中国の王」と称した。

 中国共産党は「赤い龍」であるとして、信徒は神に率いられ「赤い龍」と決戦し、「赤い龍」を滅ぼして「全能神」が統治する国を築くと主張している。

 中国側報道によると、「全能神」は1995年まで、農村部を中心に勢力を広げた。95-2000年には大学生やビジネスマンへの布教を強化したが「文化的素養や(教団としての)収入を増やすことが目的だった」という。

 さらに信者獲得のために金銭や携帯電話、オートバイなどを贈ったり、女性信者が肉体を用いて独身男性を誘惑し、入信させたこともある。中国政府は1995年、「全能神」を「邪教集団(カルト集団)」に指定して、取り締まりを本格化させた。

 「全能神」は“マヤ暦・最後の日”のうわさを「真実」として採用。同うわさが注目されるとともに、青海省、新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区などで活動を活発化させた。家族と離れてクラス高齢者に対して、全能神の信者以外は「12月21日に閃光(せんこう)に打たれて死ぬ」などと言って入信を勧めたとされる。中国メディアは「資金獲得が目的」と主張した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月20日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。