日本が戦争を反省できない4つの理由=中国メディア 

日本が戦争を反省できない4つの理由=中国メディア 
中国メディア・南方週末は7月30日、日本がドイツのように戦争の罪を反省しない理由を4点挙げて説明する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・南方週末は7月30日、日本がドイツのように戦争の罪を反省しない理由について、4点挙げて説明する記事を掲載した。

 記事は、戦後政治に関係する4つのポイントから、ドイツと日本の戦争への反省における「巨大な差」について分析。そこには、日本人による戦争の性質に対する認識、国家に対する認識が絡んでいるとした。

 記事が示した4つのポイントは、「政体の変化と国民の政治的成熟」、「民族主義による影響」、「加害者と被害者の認識」、「天皇制とナチスとの違い」だ。

 「政体の変化と国民の政治的成熟」については、ドイツが戦後自らの手によって「ドイツ基本法」を制定して主権を回復、その後占領を終結させたのに対し、日本は「米国の利益に基づく憲法」によって独立を回復したに過ぎず「ある面では、軍事的占領が終わっていない」と分析。ドイツ人に比べて「日本人は政治的に幼稚な段階にとどまっており、成熟できていない」とした。

 「民族主義による影響」では、戦前はドイツも日本も「民族的ロマン主義」を掲げて「民族的な自己卑下意識を消し去ろうと目論んだ」と紹介。ドイツが戦後「憲法愛国主義」を受けいれたのに対して、日本人はこれを受け入れられずに引き続き民族主義を抱いていると説明した。

 「加害者と被害者の認識」については、日本人が戦争について語るばあい、通常は米国との戦争であり、多くの日本人が「原子爆弾によって日本の戦争の罪は洗い流された」と認識しているとした。そして、他国から、とくに米国の裁きを受け、平和教育に転じることで「国としての罪が美徳へと変化」し、「日本は道徳的に優れている」との「歴史的に短絡した認識」へと結びついていると論じた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2015年8月2日の中国記事

次に読みたい関連記事「行政」のニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。