スー・チー、『健忘村』撮影の合間に「大ボケ」かます 監督は『祝宴!シェフ』の陳玉勲、4月完成の予定

スー・チー、『健忘村』撮影の合間に「大ボケ」かます 監督は『祝宴!シェフ』の陳玉勲、4月完成の予定
『祝宴!シェフ』で改めて手腕の冴えを見せてくれた陳玉勲監督『健忘村』が、4月中にも完成するという。陳監督によると、ヒロインのスー・チー(舒淇)が「とてもよい人」であることは分かったが、その一方で撮影の合間には台本顔負けの「大ボケ」をかましたりしているという。台湾メディアの中央社が伝えた。(イメージ写真提供:CNSPHOTO)(サーチナ)
       
 1995年の『熱帯魚』、97年の『ラブゴーゴー』で台湾映画界で一世を風靡し、2013年の『祝宴!シェフ』で再び手腕の冴えを見せてくれた陳玉勲監督『健忘村』が、4月中にも完成するという。陳監督によると、ヒロインのスー・チー(舒淇)が「とてもよい人」であることは分かったが、その一方で撮影の合間には台本顔負けの「大ボケ」をかましたりしているという。台湾メディアの中央社が伝えた。

 『健忘村』は現在、台湾南部の屏東県での撮影が進行しているという。陳によると、自分の周辺で「忘れっぽい」人の起こした騒動がとても面白く、作品化を考えたという。もしも映画として支持され、興行成績がよかったら『健忘村』3部作にしたいほど、ネタは尽きないという。

 ギャグをちりばめながらも、決して上品さは失わず、見終わって幸せな気分にさせてくれる陳監督の手腕に、また期待できそうだ。

 陳監督は、ヒロインのスー・チーについて改めて「とてもよい人」と痛感したと説明。撮影中の一時期、陳監督の胃の調子が悪くなった。するとスー・チーはアシスタントらを出かけて、毎日調合の違う現地に伝わる伝統薬を調達してくれた。まるで「仙女」のようだったという。

 ある日、スー・チーはミッキー・マウスとミニー・マウスの人形を持って来た。「縁起物だから」陳監督にプレゼントするという。「はて? どうしてネズミが縁起物なのだろう」と思ったが、要するにスー・チーが今年を「ネズミ年」と思い込んでいたと分かった。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月30日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。