前田大然のデビュー弾でセルティック勝利! 旗手怜央が先発でMOMに…井手口陽介は途中出場

前田大然のデビュー弾でセルティック勝利! 旗手怜央が先発でMOMに…井手口陽介は途中出場
拡大する(全1枚)
 スコティッシュ・プレミアシップ第21節が17日に行われ、日本人3選手が新たに加入したセルティックがハイバーニアンと対戦した。今冬にチームに加わった前田大然、旗手怜央はスターティングメンバーに名を連ね、井手口陽介はベンチスタートとなった。また、古橋享吾はメンバーから外れている。

 試合は4分、トム・ロギッチのパスに、エリア中央でニアに走り出した前田大然が右足で合わせてゴールネットを揺らした。

 チームはその後、何度もサイドからクロスを供給しゴールを狙う。すると25分、セルティックは相手のハンドでPKを獲得。これはヨシプ・ユラノヴィッチが決めて2点差に突き放した。

 前半終盤には、旗手がエリア外中央で浮き球を胸でコントロール。そのままボレーシュートを放つが惜しくもGKの好セーブに阻まれてしまう。

 旗手と前田は74分までプレーし、旗手と交代で井手口が途中出場を果たす。

 その後スコアは動かず、前田のゴールで先制したセルティックが2-0で勝利。日本人3選手のデビュー戦となり、ラストパスなどで存在感を見せた旗手がマン・オブ・ザ・マッチに輝いている。

【スコア】
セルティック 2-0 ハイバーニアン

【得点者】
1-0 4分 前田大然(セルティック)
2-0 25分 ヨシプ・ユラノヴィッチ(PK/セルティック)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

井手口陽介のプロフィールを見る
サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「井手口陽介」に関する記事

「井手口陽介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「井手口陽介」の記事

次に読みたい「井手口陽介」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク