植物肉バーガー定着に向けたチャンスか、外食苦境もバーガーチェーンは好調

植物肉バーガー定着に向けたチャンスか、外食苦境もバーガーチェーンは好調
       

モスフードサービス「MOS PLANT-BASED GREEN BURGER」、ロッテリア「ソイ野菜チーズバーガー」

新型コロナウイルスの影響により、4月の外食企業の多くが大きな打撃を受けた。その一方で、目立って好調だったハンバーガーチェーンは5月、大豆などの植物性由来のパティを使ったハンバーガーの新商品投入や全国展開を開始した。海外では昨年、マクドナルドやバーガーキングが植物肉バーガーを販売し話題となった。

ヴィーガンやベジタリアン人口、フレキシタリアンも多い欧米に比べると、日本において植物肉バーガーはまだまだ一般的ではないが、業態としての調子がいい現在の状況は定着に向けたチャンスでもある。また、新型コロナの影響で、4月にはマルコメの「大豆のお肉」が品薄状態になったという。賞味期限が1年と長く、日持ちする食品として評価された。こういった家庭用での植物性素材の需要増も追い風になりそうだ。

日本フードサービス協会がまとめた外食産業市場動向調査の4月度は全体で39.6%減と大幅に落ち込んだ。このような環境にあって、ハンバーガーチェーンの好調さは際立っている。日本マクドナルドホールディングスの4月の売上高は既存店で前年比6.5%増、モスフードサービスも同3.7%増だった。他業態よりもテイクアウト比率が高いことや、複数よりも一人で行くことが多く、3密を避ける時には利用されやすいこともあるのだろう。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。