不二製油グループ、米ブラマー社の営業赤字に相殺され営業利益は横ばい、不二製油は最高益

不二製油グループ、米ブラマー社の営業赤字に相殺され営業利益は横ばい、不二製油は最高益
〈カカオ調達を伊藤忠商事へ委託、今期から損益への影響を抑制〉
不二製油グループ本社は5月14日、2020年3月期連結決算についての電話会見を開催し、清水洋史社長らが決算概要と今期の業績予想、新型コロナウイルスの影響予想などを説明した。

清水社長は2019年度の実績について、「海外グループにおいて2社を除く19社の決算期を3月に統一したことに伴い3カ月分を取り込んで増えた分が、営業利益で24億円あった。
この要因を除くと、営業利益は(業務用チョコレートの)米ブラマー社の営業赤字に相殺され、実質的には前年横ばいという厳しい結果だった。ブラマー社ではカカオの先物評価損が響いたが、カカオの調達窓口を伊藤忠商事に委託するスキームに変更しており、今期からは損益への影響は抑制される」と前向きな見通しを示した。

2019年度のエリア実績では、日本の売上高は前年比57億8,000万円減の1,651億7,900万円と減収も、営業利益は植物性油脂など全ての事業で増益となり、36億9,600万円増の174億1,800万円。不二製油の営業利益は全体、業務用チョコレート事業ともに過去最高益だった。生産能力がフルキャパシティの中、付加価値商品や、成型チョコなど人手不足に対応した商品にシフトしている。

その他のポイントとして、中国において新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時操業を停止したことで4億円の減益があったが、北米、欧州の植物性油脂事業の好調でカバー。業務用チョコレートのブラジルのハラルド社はレアル安の影響で減益も、懸案の第2工場建設に向けた計画が具体化してきたことを挙げた。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「伊藤忠商事 + 株価」のおすすめ記事

「伊藤忠商事 + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

「伊藤忠商事 + 決算」のおすすめ記事

「伊藤忠商事 + 決算」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱商事」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱商事」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月1日の経済記事

キーワード一覧

  1. 伊藤忠商事 株価
  2. 伊藤忠商事 決算

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。