主要外食企業決算、増収増益は40社中10社、人件費・原料高に新型コロナが追い打ち、大幅減益強いられる/2020年3月期

主要外食企業決算、増収増益は40社中10社、人件費・原料高に新型コロナが追い打ち、大幅減益強いられる/2020年3月期
       

「すき家」などを展開するゼンショーHDは営業利益・経常利益・当期純利益のすべてで前期を上回った

外食企業の2020年3月期決算がほぼ出揃った。新型コロナウイルスの影響により、対象企業のうちチムニー、幸楽苑ホールディングス(以下HD)、ヴィア・HD、フレンドリー、ワイエスフードは6月2日時点で決算発表に至っていない。増収増益企業は40社中10社。前期は47社中15社だった。増収企業は21社となったが、人件費や原料価格の上昇、昨年10月からの消費増税に加え、新型コロナウイルス対策としての外出自粛・営業自粛が追い打ちする形で大幅減益を強いられる企業が相次ぎ、営業増益は11社に留まった。21年3月期の業績予想については、新型コロナウイルスの影響を算定することが困難なため、多くの企業が未定としている。

〈ゼンショーHDなど好調、和風FF業態やテイクアウトで強み発揮〉
売上高上位10社では、ゼンショーHD、トリドールHD、松屋フーズHD、王将フードサービス、JFLAHD、日本KFCHDの6社が好調。和風ファーストフード(FF)業態やテイクアウトで強みを発揮した企業中心に収益を確保した。

売上高トップのゼンショーHDは営業利益、経常利益、当期純利益のすべてで前期を上回った。既存店売上高は、「すき家」をはじめとする牛丼カテゴリーが0.4%増、「ココス」、「ジョリーパスタ」をはじめとするレストランカテゴリーが7.7%減、「はま寿司」をはじめとするファストフードカテゴリーが1.0%増となった。新規出店(国内75店舗、海外344店舗)効果と、TCRSレストランズ社を子会社化したこと、米国などで寿司のテイクアウト店を展開するAFC社の新規連結入りによる売上寄与が要因となった。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。