〈令和2年7月の需給展望 豚肉〉出荷頭数減、相場下げ要因少なく高値維持

〈令和2年7月の需給展望 豚肉〉出荷頭数減、相場下げ要因少なく高値維持
〈月平均で抜き580~590円、600円絡みの可能性も〉
6月は梅雨の本格化と経済不安定による節約志向が相まって、末端需要は徐々に落ち着きはじめた。とはいえ、新型コロナウイルス感染症の影響による内食需要は底堅く推移している。

供給面では関東圏のPED(豚流行性下痢)の影響など出荷頭数が伸び悩んだことに加え、輸入チルドポークの供給不安など、不透明感が漂っていた。6月最終日となる30日には税抜き648円を付けるなど相場は急騰。結果、6月の豚枝肉相場は上物税抜きで578円(東京市場、前年同月比33円高)と高値推移した。

各パーツでは、月間を通してウデやモモなどのスソ物、大貫正肉など安価な部位の引合いが強く、枝肉高・部分肉安の流れに。このまま末端需要が冷え込めば、中間流通段階では枝相場高・部分肉安の逆ザヤがさらに広がることが懸念される。

しかし、7月は出荷頭数の落ち込みや輸入品との兼ね合いなどから相場の下げ要因は少なく、7月の月間平均相場は税抜き580~590円(税込み626~637円)と、前年7月の同520円を大きく上回って推移するものとみられる。

〈供給動向〉
農水省が6月24日に発表した肉豚生産出荷予測によると、7月の出荷頭数は129万頭と前年同月比で5%の減少を予測している。これは、2019年7月が例年以上に梅雨明けが遅れ、梅雨寒で豚の成育状態も良く例年よりも出荷が多かった反動によるもの。平年比(過去5年平均)では100%と予測するが、今年は夏にかけて平年並みか高い気温となることが予想され、増体の悪化や上物率の低下につながる可能性もある。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。