ニチレイフーズ業務用、外食の回復遅れ響く、惣菜チキン巻き返しへ/2020年度上期業績

ニチレイフーズ業務用、外食の回復遅れ響く、惣菜チキン巻き返しへ/2020年度上期業績
       

ニチレイフーズ業務用事業部長・滝英明氏

ニチレイフーズの業務用調理品は2020年度上期(4~9月)の売上高が前年比15%減の426億円で着地した。コロナ禍による業務用市場の落ち込みが響き、4~ 5月が前年比80%弱と苦戦。その後、6月以降は9月まで90%弱で推移している。当下期は落ち込みが大きかったチキン加工品の巻き返しを図る。滝英明業務用事業部長に上期の概況と下期の展望を聞いた。

当上期の業績を業態別に見ると、主力の惣菜向けが前年比4~5%減、外食向けが30%減、事業所給食が15%減――などとなった。一時の落ち込みからは回復を見せているが、惣菜向けも前年割れが続いている。

惣菜は量販店の売場でコロナ対策のために、ばら売りができなくなった影響が大きく、コロッケやメンチカツ、主力のチキン製品も伸び悩んだ。

チキンはスーパーの精肉の動きが良いことから、従来の購買が一部、手作りに移行していると見られる。業績が好調な、から揚げ専門店の持ち帰りも市場を拡大しているととらえており、これは「下期以降の当社から揚げ製品へも明るい兆しだ」としている。

春の新商品について、導入は前年並みに進んだ。袋入りクリームコロッケがばら売りの置き換わりもあり、売上げに貢献。たいめいけん茂出木シェフ監修シリーズの弁当向けハンバーグや学校給食向けのハンバーグのリニューアルもあり、ハンバーグは全体としても前年を上回る実績を残した。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。