希釈用カルピス出荷量が過去最高、コロナ禍で濃縮飲料の需要増、備蓄・軽さ・アレンジで人気

希釈用カルピス出荷量が過去最高、コロナ禍で濃縮飲料の需要増、備蓄・軽さ・アレンジで人気

希釈用カルピス出荷量が過去最高(画像はイメージ)

新型コロナ感染拡大の影響から、外出自粛などにより自宅で過ごす人々が増えた。人の動きが鈍くなったことで、2020年の清涼飲料市場の販売数量は前年比92~93%になっている。

しかし、その中でも無糖炭酸水や野菜飲料など好調なカテゴリーはある。「カルピス」(アサヒ飲料)に代表される濃縮タイプの飲料も、家庭内需要の高まりを受けて実績を伸ばしたカテゴリーのひとつだ。水や牛乳を混ぜれば簡単に出来る手軽さ以外の価値も注目されている。

「カルピス」(コンク飲料/470ml他)は、2020年の年間販売実績が前年比106%の474万箱となり過去最高になった(1994年の統計開始以来、液量換算)。備蓄のしやすさや持ち運びやすさ、アレンジできる汎用性の高さから、家庭内での需要が高まったことが要因だ。一昨年に発売100周年を迎えたロングセラーブランドの安心感も選ばれる理由のひとつ。夏には“かき氷×カルピス”のコラボを提案し、水で割って飲む以外の楽しみ方を紹介している。同社担当者は、「昨年は家族で一緒に過ごされる時間が増えたことも飲まれるきっかけになった」とする。
希釈用カルピス出荷量が過去最高、コロナ禍で濃縮飲料の需要増、備蓄・軽さ・アレンジで人気

アサヒ飲料「カルピス」

 
キリンビバレッジの「世界のKitchenから ソルティライチベース」(500ml)も同社想定の150%の売り上げ箱数になったという。熱中症対策飲料として人気の高い「ソルティライチ」の希釈タイプであるためトライアルが多かったことが背景にある。また、同社担当者は「牛乳で割って楽しむラッシー風や、おやつなどでもアレンジして楽しまれる人が多かったことから、高いリピート率につながった」と分析する。


当時の記事を読む

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。