ラーメン官僚が絶賛! 国分寺の気鋭店『拉麺瑞笑』は2020年版ニボラーの最適解!

ラーメン官僚が絶賛! 国分寺の気鋭店『拉麺瑞笑』は2020年版ニボラーの最適解!

干しを知り尽くした店主が紡ぐ一杯に刮目すべし!

 武蔵野・多摩エリアの中でも指折りのラーメン激戦区として知られる、国分寺市。同市は、都内を代表する名店『凪』の系譜に連なり、全国各地に店舗を展開させる『ムタヒロ』グループの本拠地。加えてここ最近も、以前この連載でご紹介した『紅麗』がJR国分寺駅前に店舗を構えるなど、マニアならずとも決して軽視できない「ラーメンの聖地」と化している。

 2020年1月22日、そんな国分寺の地に新たにオープンしたのが、今回ご紹介する『拉麺瑞笑』だ。

ラーメン官僚が絶賛! 国分寺の気鋭店『拉麺瑞笑』は2020年版ニボラーの最適解!

 店主は、今から遡ること10年前、ラーメン職人の道を歩むことを決意。調布の実力店『たけちゃんにぼしらーめん』で修業した後、『麺屋武蔵』グループの各店舗で研鑽を重ね、今般、満を持して独立。「国分寺は私の地元です。まだまだ未熟な私ですが、努力を怠らず、同地で歳月を重ねられるお店を創っていきたい」と意気込む。

 現在、『瑞笑』が提供する麺メニューは「醤油」「塩」「煮干し醤油(※)」の3種類及びそのバリエーション。中でもおススメなのが、店主自身も愛してやまない「煮干し醤油ラーメン」。

ラーメン官僚が絶賛! 国分寺の気鋭店『拉麺瑞笑』は2020年版ニボラーの最適解!

「食べ手から愛され続ける店を築くためには、流行りに左右されないスタンダードな味であることが求められます。他方、ひとりの職人としては『瑞笑』ならではの個性も演出したい」。

 一見相容れないように見える「普遍性」と「独創性」を兼ね備えた1杯を創る。そんな難題を自らに課しながら紡ぎ出す「煮干し醤油」は、まさに試行錯誤と手間暇の結晶だ。


あわせて読みたい

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ラーメン + レシピ」のおすすめ記事

「ラーメン + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ナポリタン」のニュース

次に読みたい関連記事「ナポリタン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「おでん」のニュース

次に読みたい関連記事「おでん」のニュースをもっと見る

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日のグルメ記事

キーワード一覧

  1. ラーメン レシピ

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。