木曜ACTION最終回のゲストは羽田圭介の憧れの小説家、長嶋有さん!

       

TBSラジオで放送中の「ACTION」。木曜パーソナリティは、羽田圭介さん。

9月24日(木)のゲストは、小説家の長嶋有さん。TBSラジオ『たまむすび』ではブルボン小林さんとしてお馴染みです。羽田圭介さんは「最終回のゲストは、長嶋さんしかいらっしゃらないだろう」とおっしゃっていました。今日は長嶋さんの新刊『今も未来も変わらない』についてたっぷりお伺いしました。

『今も未来も変わらない』あらすじ…
主人公の星子は40代のシングルマザー。職業はあまり売れていない小説家。大学受験を控えた娘を見守りながら、娯楽好きの親友とカラオケやスーパー銭湯などのレジャーを楽しむ日々を送っている。そんなある日、ひょんなことから20代の男性との間に恋が芽生える。年齢差に戸惑いつつも、久しぶりの感情に喜ぶ星子。果たして恋の行方は…?

羽田:これは婦人公論で連載された小説ですが、本の装丁がユニークです。婦人公論の装丁そのまんまです(笑)

長嶋:画像検索すると、皆さん勘違いされます(笑)

羽田:「婦人公論」という文字が一番目立ってますからね。その中の大きい特集が、長嶋有さんが書かれた「今も未来も変わらない」のように見えます(笑)

長嶋:白バックでモデル立ちしているというのも、篠山紀信さんがそういった写真を撮って表紙にしているのを完全に模倣しています。婦人公論という場所で男性が連載を持つというのは非常に珍しかったみたいです。僕聞き間違えたみたいで、「長嶋さんが初めてです」と言われていた気がしたの(笑)でもそれがきっかけで、「婦人公論で男性が書く意味のあるものを書こう」と思いましたね。あと単行本になると、婦人公論でやったことがあんまり関係なくなるんだよね。だから随所に婦人公論ネタを入れ込みました。作中の人が婦人公論を買って読んでいるんですね。「こないだの占いなんだけど…」というシーンでは、本当の婦人公論をめくったらその占いが書いてあるようにしました。雑誌を読んでいる人に向けてのサービスがすごかったから、「単行本の帯に”婦人公論”のロゴを入れてくれ」って言ったの。そうしたら帯じゃなくて、表紙全体が婦人公論になりました(笑)

木曜ACTION最終回のゲストは羽田圭介の憧れの小説家、長嶋有さん!

羽田:この小説の感想は、カラオケや映画館や飲み屋などの「ここにいる感」がすごい強かったです。


あわせて読みたい

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月25日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。